I M A G O

naO Kimura

Without moving
                  ​I travel far.

 

I M A G O

Opening myself up, 

the heavens 

descend, 

lifting me up 

into their midst. 

 

Without moving

 I travel far.

 

                       Chris Mosdell

イマーゴ

 

私を広げると、

が降り来る、

私をその中央へと

浮遊させながら。

 

動かずして 

私は遠くへ旅をする

 

                       翻訳 Yuta nakano 

IMAGOは、個人的な密やかな記憶や感覚、そこから生み出

 

されるイマジネーションをテーマにし たシリーズ作品です。

 

私は、小さな頃、好きなものを箱に入れ、時々、その箱を覗

 

いては、いろいろな物語を想像することが好きでした。拾っ

 

てきた小石、道端の名前も知らない花の押し花。菓子のオ

 

マケ。母からもらった鹿のブローチ。蝶の翅を拾ったことも

 

ありました。触ると滑らかなのに細い骨が凛としていたこと、

 

その白い翅を手のひらにのせると雪のように儚かったことが

 

今でも鮮明に記憶に残っています。個人的な密やかな感覚。

 

誰も立ち入れない領域のはずなのに静かに見つめていると見

 

知らぬ遠い誰かと繋がっているような不思議な感覚に陥り入

 

ります。私はそのイマジネーションの変容と広がりの美しさ

 

日々興味深さを感じています。 

​                           

                                                                        木村 奈央

※上記の詩は、クリス・モスデル氏により木村奈央の作品世界をイメージし詠まれた詩です。  
IMAGO(イマーゴ)は、イメージを語源とした蝶や蛾を意味する言葉です。